スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

香水の「コロン」と「トワレ」と「パルファム」の違い

投稿日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと・・・

・「コロン」とは、濃度が2~5%で持続時間が1~2時間ぐらい、香りが薄いものを言います。

・「トワレ」とは、濃度が5~10%で持続時間が2~4時間ぐらい、柔らかな香りでカジュアルな感覚で使うものを言います。

・「パルファム」とは、濃度が15~25%で持続時間が5時間~半日ぐらいのものを言い、厳密には香水と言えばこのパスファムのことを指します。

コロンとは

「コロン」は、香料の配合量が少なく、持続時間が1時間程度と比較的短いもののことを言います。

清涼感や爽快感のある柑橘系や花香調の香りが多く、お風呂上りにつけたり、寝具につけたりとさまざまなシーンで使えます。

オーデコロンとは、ドイツのケルンで創製され、「コロンの水」として世界中に名前が知られました。

フランス語でケルンは「コローニュ」と言い、「コローニュの水」という意味でつけられたのが始まりです。

【スポンサードリンク】

トワレとは

「トワレ」は、香料の濃度が5~10%、持続時間が4時間ほどのもののことを言います。

香料の濃度が低めで、ほんのりとした香りを楽しめるので、普段使いに適しています。

トワレを表す「toilette」は、フランス語で「身だしなみを整える」という意味があります。

パルファムとは

「パルファム」は、最高ランクの香水のほとんどを言います。

強く香りますので、1滴を肌に落とすようにつけるのがポイントです。

パルファムより少し濃度が落ちる「オードパルファム」というものもあり、パルファムに近い品格を持ちながら、種類も豊富で価格が安いものも多いのでさまざまなシーンで使いやすい香水の一つです。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-物品
-, , , , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.