スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「貯金」と「貯蓄」と「預金」の違い 方法や種類も紹介します。

投稿日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと・・・

・「貯金」とは、お金を貯めることを言います。
・「貯蓄」とは、預金や貯金に加え、株や生命保険、不動産や現金など資産すべてのことを言います。
・「預金」とは、金融機関にお金を預けることを言います。

【スポンサードリンク】

貯金とは?方法や種類

「貯金」は、お金を貯めることやそのお金のことを表す言葉です。

家にある貯金箱にお金を貯めることも、定期預金なども「貯金」の一つです。簡単に言えば貯金は「お金を貯めている行為」ということです。

また、ゆうちょ銀行やJAバンクに預けたお金も貯金と呼ばれます。

郵便貯金は明治8年に庶民に貯金を推奨し、それらのお金を国民の発展のために活用しようと当時の大蔵省が始めたものです。主に農民がためたお金を、国の政策のために活用してきました。
郵便局は1999年に民営化され「銀行」となりましたが、今までの「貯金」という呼び方が残っています。

JAバンクが万が一倒産したときのために「貯金保険制度」というものがあり、一人につき一つの金融機関に対して上限1000万円とその利子が保護されます。

もともとは政府が保護していたゆうちょ銀行も、民営化されて以降は「預金保険機構」によって一人につき上限1000万円とその利子が保護されます。

【スポンサードリンク】

貯蓄とは?方法や種類

「貯蓄」は、財貨を蓄えることや、財貨そのもののことを言います。貯金や預金、株式や投資信託、不動産などの金融資産すべての総称です。

投資信託などの投資商品は、元本を割ってしまう可能性もありますが、もともとより多く返ってくる可能性もあります。蓄えるものは金銭だけではなく金融商品や不動産、解約したときにお金が戻ってくる保険証券も財貨の一つです。

これらすべてを総称して「貯蓄」と呼びます。

預金とは?方法や種類

「預金」は、金融機関にお金を預けることや、そのお金のことを表す言葉です。

普通預金も定期預金も預けたお金という意味で「預金」と言います。銀行だけではなく、信用金庫や信用組合、労働金庫に預けたお金も「預金」と呼びます。

金融機関にお金を預けた状態を「預金」と呼び、親や兄弟など第三者にお金を預けることを「預金」とは言いません。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-社会・経済
-, , , , , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.