スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「カヌー」と「カヤック」の違い 初心者が体験するならどっち?種類や見分け方

投稿日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと・・・

・「カヌー」は、ボートのようにオールで後ろに進むのではなく、パドルをこいで前向きに進む小さな舟を総称したものを言います。
・「カヤック」は、左右両方にブレードがついたパドルを使用した、小ぶりで小回りが利く艇のことを言います。

【スポンサードリンク】

カヌーとは?種類、見分け方

「カヌー」は、パドルでこぐ舟の総称です。パドルを手にもってこいでいる舟は、一般的に「カヌー」と呼ぶことは、間違いではありません。

ただし、「カナディアンカヌー」というパドルの違いによって専門的に区別されているものがあり、このカナディアンカヌーは水をこぐブレードが片方にだけついているパドル「シングル・ブレードパドル」が使われます。

カナディアンカヌーは、アメリカ・インディアンが使っていたもので、デッキがオープンなので荷物をたくさん積むことができ、ツーリングに適しています。

湖や穏やかな川に適しており、一人でコントロールするのは慣れないと難しいので少し練習が必要です。

カヤックとは?種類、見分け方

「カヤック」は、左右にブレードが付いたパドルでこぐ小舟で、海用の「シーカヤック」、川用の「リバーカヤック」、湖用の「ファンカヤック」と用途によって分けられています。

それぞれ、安定性やスピード性能などが異なります。

シーカヤックは海での使用が目的なので、障害物がない場所を速く移動できるようにスピードが出やすいデザインになっているものが多いです。

リバーカヤックは愛用者が最も多く、運動性能が高いものが多いです。扱いが難しく練習が必要です。さまざまなメーカーのものがあり、選ぶ楽しみも多いカヤックです。

ファンカヤックは直進性がいいものが多く、テクニックもあまり必要としないので初心者も楽しめるカヤックです。

【スポンサードリンク】

初心者がすぐに体験するならどっち?

初心者が最初に体験するなら「カヤック」。中でも「ファンカヤック」から始めるといいでしょう。

ファンカヤックは、穏やかな海、川、湖を得意としたカヤックで、舟の幅が広く安定しており、こぐためのテクニックはあまり必要としないので比較的簡単に直進できます。

また、ボート内に浸水しても水抜きの必要がなく、万が一転覆したときもリカバリーが簡単です。

また釣りを楽しみたい方は、座る場所(コックピット)が広いので、このファンカヤックが釣りには向いています。

(釣り用ファンカヤック)

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-物品
-, , , , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.