スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「キャンディ」と「ドロップ」の違い 種類もめちゃめちゃあった!

投稿日:2019年3月15日 更新日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと

キャンディ:

水あめや砂糖が主な原料で、煮詰めた後に

冷やして固めたお菓子のことです。

 

ドロップ:

水あめや砂糖を高温で煮詰め、香料や着色料、

濃縮果汁などを加えてから冷やして固めた

お菓子のことです。

キャンディとは

水あめや砂糖が主な原料で、煮詰めた温度によって

「ハードキャンディ」と

「ソフトキャンディ」に分かれます。

 

ハードキャンディは140℃以上の高温で煮詰め、

硬い食感で、ソフトキャンディは低温で煮詰め、

柔らかい食感です。

 

語源はアラビア語で砂糖を意味する「QUAND」や

インドで砂糖の結晶がついた棒という意味である

「Kandi」など諸説あります。

 

日本ではキャンディを飴という意味で

使用することが多いですが、海外でキャンディというと

キャラメルやマシュマロなどのことも指します。

【スポンサードリンク】

ドロップとは

ハードキャンディの一種で、

水あめ20%と砂糖80%を高温で煮詰めて、

クエン酸や香料、着色料を加えて冷やし、

柔らかいうちに金属の型で成型したものです。

 

ドロップの特徴は固く、半透明な点が挙げられ、

水あめによって砂糖の再結晶化が防がれるため半透明となります。

それぞれの種類

ドロップはキャンディーの一種であり、

キャンディーの種類としては

 

・ハードキャンディ…ドロップ、バタースコッチ、タフィー

・ソフトキャンディ…キャラメル、ヌガー、マシュマロ

 

などが挙げられます。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-食べ物・飲み物
-, , , , , , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.