スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「バター」と「マーガリン」の違い 健康を考えるならどっち?気になるカロリーや糖質は?

投稿日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと

バター:乳脂肪分から作られています。

マーガリン:植物性や動物性の油脂から作られています。

バターとは?

牛乳に含まれる脂肪分を抽出して固めたものです。

法律で、乳脂肪分が80%、水分が17%以下のものが

バターと決められています。

冷やすと固まり、常温にすると柔らかくなります。

 

また、酸化しやすいのでという特徴もあります。

主成分が乳脂肪なため、マーガリンよりも香り、風味がよく、

コクがあります。

 

動物性油脂はコレステロール値が上がりやすいため、

摂りすぎると肥満や動脈硬化などの悪影響があるため、

量に気をつけた方が良い食品です。

【スポンサードリンク】

カロリーや糖質の違い

油脂を原料にバターに似せて作られたものです。

油脂を80%以上含んでいるものをマーガリンと呼び、

それ以下のものはファストブレットと呼ばれます。

 

冷やしても固くなることはなく、

バターと比較するとあっさりとした味わいが特徴です。

 

水と油を混ぜる時に発生する人工的なトランス脂肪酸が、

摂りすぎると心筋梗塞やアレルギー疾患など悪影響があり、

身体に良くないとされているため、

こちらも量に気をつけた方が良い食品です。

カロリーや糖質の違い

カロリーはバターとマーガリンに大きな差はありません。

マーガリンには低カロリーを特徴にした商品などありますが、

食パン1枚あたりに使用する量はバターもマーガリンも

約10gでカロリーは100kcalです。

 

糖質もあまり大差はなく、100gあたり0.1gとなっています。

【スポンサードリンク】

値段の差は?

マーガリンはバターの代替品として発明されたため、

バターに比べるとマーガリンの方が安く手に入れることができます。

バター:200g入商品で約450円

マーガリン:300g入商品で約300円

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-食べ物・飲み物
-, , , , , , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.