スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「神父」と「牧師」の違い 服装による違いはある?結婚式にいるのはどっち?

投稿日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと

神父と牧師って、どちらも似たような格好で

同じような仕事をしているイメージがありますよね。

しかし、実はどちらも全く別の職種なんです。

この2つの職種は一体何が違うのでしょうか?

それぞれの職種についてざっくり説明すると、

 

神父とは、カトリックと東方正教会の聖職者に

対する尊称で、正式な職名ではありません。

 

牧師とは、プロテスタントという教派の教職者で

正式な職名です。

位階制度のないプロテスタントの中で

牧師は信徒と同じ立場に位置しています。

【スポンサードリンク】

神父とは?

神父を英語に訳すと「Father」になり、

この英語から「神父」という言葉が生まれたと言われています。

 

神父とは、カトリックと東方正教会の聖職者の尊称です。

大主教、長司祭、司祭、助祭といった階級があり、

一般の信徒よりも高い位置に身を置き、

信者を統括する役割を持っています。

 

聖職者の階級の中で最も位が高いのは「ローマ法王」で、

その次に枢機卿と続いていきます。

 

神父は神に一生を捧げる立場であるため、

結婚することは許されず、生涯独身でなければいけません。

また、神父になることが許されるのは男性のみで女性はなれません。

牧師とは?

カトリックの神父に対して、プロテスタントの聖職者のことを

牧師と言います。

またカトリックと違い、牧師は自分も一般信徒と同じ立場です。

なので神父のように多くの階級がありません。

 

なぜキリスト教を広める立場なのに「牧師」と呼ばれるかと言うと

キリスト自らが、自分を羊飼いになぞらえたことから

こう呼ばれるようになりました。

 

英語では「Pastor」と言いますが、

これはラテン語で「羊飼い」という意味になります。

 

また、万人司祭とも言われることがあります。

 

牧師の重要な仕事として「礼拝」があります。

カトリックではミサという儀式を中心に礼拝を行うのに

対して、プロテスタントの場合は説教が中心になります。

 

牧師になるには、すでに牧師になっている人からの

推薦を受けて神学校に入り牧師になります。

 

また、神父と違い、牧師は結婚を許されているので、

配偶者もいます。

神父は男性のみに対し、牧師は女性もなれます。

【スポンサードリンク】

服装による違い

神父と牧師の服装による違いですが、

神父は、「キャソック」または「スータン」と呼ばれる、

長い丈の黒い服を着て十字架をしているのが一般的です。

 

シルエットですが、いずれも丈の長い服を着ています。

 

ミサなどの儀式の時はキャソックの上から

「アルバ」という服を羽織り、「ストラ」という袈裟のような

ストールのようなものをかけています。

 

(わかりにくいですが白い服にグリーンのストラをかけている画像)

 

対して牧師の服装は特に決められていません。

しいて言うなら、襟足のちょっと高い学生服のカラーのような

シャツを着て、上から黒いジャケットを羽織っている程度です。

(こちらが牧師の基本スタイル)

 

「I have a dream」(私には夢がある)

で有名なキング牧師もスーツ姿で演説してました。

結婚式にいるのは?呼ぶならどっち?

結婚式で

「健やかなるときも 病めるときも・・・」

という定番のセリフを言っているあの人は

神父と牧師、どちらなのでしょう?

 

みんながよく知っているのあのセリフを言うかどうかは

置いておいて、神父、牧師、どちらも結婚式の儀式をしますが

結婚式場や教会に呼ばれるのは、ほとんどの場合

「牧師」

です。

 

理由は、神父の場合、戒律や階級が非常に厳しいので

しっかりとした信者でない限り呼ぶことができないからです。

 

牧師の場合は、そのあたりの敷居が低いため、

宗派等はあまり問わず、神からの祝福を願いたいという

思いに素直に応えます。

 

ですから呼ぶなら牧師さんの方がいいでしょう。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-社会・経済
-, , , , , , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.