スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「銀行」と「信用金庫」と「信託銀行」の違い 就活のための給料比較も!

投稿日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと・・・

私たちが利用する金融機関には様々な種類がありますが、「銀行」と「信用金庫」と「信託銀行」の違いをご存知ですか?それぞれざっくりと説明すると、

【銀行】
預金や定期積金の受入れ、資金の貸付け、手形割引、為替取引などを行う金融機関のことをいいます。中央銀行・普通銀行・政府金融機関などがあります。

【信用金庫】
会員制度による協同組織の地域金融機関のことをいいます。一定地域内の中小企業や地域住民を対象に預金や融資、為替取引などを行います。

【信託銀行】
銀行に認められた銀行業務に加え、金銭の信託や有価証券の信託といった「信託業務」、不動産仲介や証券代行、相続関連業務などといった、財産の管理・処分などに関連する併営業務を行うことができる金融機関のことをいいます。

【スポンサードリンク】

銀行とは?初任給は?

銀行とは、概ね預金の受入れと資金の貸出しを併せて行い、各国において「銀行」として規制に服する金融機関のことを指します。

為替取引を行うことができ、銀行券の発行を行うこともあります。中央銀行・特殊銀行などの政策金融機関、預貯金取扱金融機関などの総称となります。

「金融仲介」「信用創造」「決済機能」の3つが銀行の3大機能といわれています。

ゆうちょ銀行や都市銀行、地方に本店・支店が集中する地方銀行に加え、近年ではネット銀行などの新たな形態の銀行も増えています。

銀行は株式会社であり、株主の利益が優先され、主な取引先は大企業となります。銀行法を根拠としており、株式会社組織の営利法人となります。

大卒の初任給は、メガバンク、地方銀行、ともに約20万円です。

信用金庫とは?初任給は?

信用金庫とは、地域の方々が利用者・会員となり互いに地域の繁栄をはかる相互扶助を目的とした協同組織の金融機関です。

代表的な業務としては預金・融資・為替の3つの業務が挙げられますが、近年では投資信託や保険といったその他の業務の取扱いも増えています。

主な取引先は中小企業や個人であり、利益第一主義ではなく、会員すなわち地域社会の利益が優先されます。営業地域は一定地域に限定されており、預かった資金はその地域の発展に生かされています。

信用金庫は信用金庫法を根拠としており、会員の出資による協同組織非営利法人となります。

大卒の初任給は、約20万円です。

【スポンサードリンク】

信託銀行とは?初任給は?

信託銀行とは、主に信託業務を行う金融機関のことをいいます。

銀行業務と信託業務の全てを行うことができ、銀行業務では預金・貸出し・為替等を行い、信託業務では貸付信託、金銭信託、動産や不動産の信託、土地信託、証券代行、不動産の売買の媒介、鑑定評価といった財務管理や、上場企業に代わり株主の管理などを行う証券代行業務も行っています。

また、生前贈与、遺言書作成から相続まで、法的な手続きにのっとった相続関連業務も行います。資産を預かるだけでなく、その資産の管理・運営を行い、顧客の資産を管理し継承する事を主にした業務を行います。

大卒の初任給は、銀行、信用金庫と同じく約20万円です。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-社会・経済
-, , , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.