スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「馬鹿」と「阿呆」と「間抜け」の違いと関東と関西での使い方の違い

投稿日:

LINEで送る
Pocket

ざっくりいうと

馬鹿(バカ)とは・・・・・頭の働きが悪いこと。利口ではない。相手をからかったり、罵ったり、見下したりする時に用いられる。

阿呆(アホ)とは・・・・・理解したり思考する能力が不足している。愚か。うっかり。

間抜け(マヌケ)とは・・・見当はずれなことを言う。考えや行動にズレがある。鈍い。のろま。

馬鹿の意味

語源は昔の僧侶の隠語だったと言われており、おそらく梵語(サンスクリット語)の

moha(無知という意味)」から転じた言葉との一説があります。

その意味合いからも相手を強く嘲笑・中傷する時に使われる事が多いです。

 

しかし、悪い意味ばかりではありません。

敬意や愛敬を込めて「専門馬鹿」「親バカ」「馬鹿正直」等との使われ方もあります。

阿呆の意味

「阿呆」は「馬鹿」と意味合いが似ているため同系で使われる事があります。

しかし「呆れる」とも読むように、うっかり何かやってしまった時などに使われる事が多いです。

間抜けの意味

「間抜け」とは主に人とのタイミングやテンポがずれている人を指します。

これは故意に生じるよりもその人の性格や天性による場合がほとんどです。

時に「天然」とも言われます。

関東と関西での違い

関東では「馬鹿」は親しみなどを込めたニュアンスで使われるのに対して、

「阿呆」は強い侮蔑の言葉になります。

 

関西では「阿呆」は漫才などでも使われるように気さくさを込めたニュアンス

使われるのに対して、「馬鹿」は強い罵倒の言葉になります。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-言葉・漢字
-, , , , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.