スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「アヤメ」と「菖蒲」と「カキツバタ」の違い

投稿日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと

・「アヤメ」とは、陸上の乾燥地に生育し5月上旬に花が咲くものを言います。

・「菖蒲」とは菖蒲科の植物で、葉が菖蒲に似ている花を咲かせる花菖蒲という別の植物があり、この花菖蒲は陸から水辺の半乾燥~半湿地に生育し、5月下旬~6月に花が咲くものを言います。

・「カキツバタ」とは、水湿地に生育し5月中旬に花が咲くものを言います。

アヤメとは?


「アヤメ」は、漢字で書くと「菖蒲」と書き、「花菖蒲」の「菖蒲」と同じです。

アヤメの花は、5月の上旬ごろに開花し、花弁の根元に黄色の網目模様があるのが特徴です。

葉は細く、葉脈が目立たず、花菖蒲よりは小さな花を咲かせます。

日当りのいい乾燥した場所に生育し、30~60cmほどの高さになります。

【スポンサードリンク】

菖蒲とは?

「菖蒲」は、菖蒲科の植物と葉が菖蒲に似ており花を咲かせるアヤメ科の「花菖蒲」があります。

花菖蒲は5月下旬~6月に開花し、花弁の根元には黄色い細長の模様があるのが特徴です。

花の色は紫や藤色、紅紫、桃色、白とさまざまで、葉の中央には葉脈がはっきりと見えます。

主に湿地に生育しますが、少し乾燥した土地でも育ち80~100cmほどの高さになります。

カキツバタとは?

「カキツバタ」は、アヤメよりも濃い色の花を咲かせ、鮮やかな花の色は布を染める染料として使われていたことから「書き付け花」と呼ばれていたものが「カキツバタ」に変化しました。

カキツバタは5月の中旬ころに開花し、花弁の根元に白い細長の模様があるのが特徴です。

幅広い葉を持ち、葉脈は目立ちません。花の色は青紫色か紫色です。主に湿地に生育し、50~70cmほどの高さになります。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-自然
-, , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.