スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「当てる」と「充てる」の違い 意味や使い分けを解説!

投稿日:2019年2月4日 更新日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと

「当てる」には、

・ぶつける

・触れさせる

・指示を与える

・予想通りの結果を得る

と言う意味があります。

 

「充てる」には、

・充当する

・あてがう

・ふり分ける

と言う意味があります。

【スポンサードリンク】

当てるの意味と使い方

特定の物を動かし、別のものに接触させたり、

作用を受けさせると言う意味で使われます。

 

さらに、不確かな予想が実現した時や事業や商売の成功によって

利益があった時にも「当てる」と言う漢字を使います。

 

また、課題などを特定の人に指示することも「当てる」を使います。

そのため、意味合いがとても幅広いです。

 

例えば、以下のように日常生活の中で使われています。

 

・ボールを蹴って壁に当てた。

・天気用法が当たって雨だった。

・やつ当たりをする。

・弓道で連続して矢を的に当てた。

・事業が当たって大成功を収めた。

・宝くじが当たった。

・Aさんを当てて問題を解かせた。

・手を額に当てて熱を測った。

・馬にムチを当てて走らせる。

・布団を日光に当てた。

・宝くじが当たった。

【スポンサードリンク】

充てるの意味と使い方

「充てる」は、

◯時間

◯お金(くじや馬券が的中した時は「当たる」を使います)

◯役割

◯用途

◯目的

をふりわける時に使われます。

 

例えば、以下のように日常生活の中で使われています。

・ボーナスをローンの支払いに充てる。

・休日を家族サービスの時間に宛てた。

・新人を営業所の補佐役に充てて、人手不足を解消させた。

・店舗の一角を住まいに充てる。

・貯金を充てて車を購入した。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-言葉・漢字
-, , , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.