スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「アルコール」と「リキュール」の違い 意味と使い方

投稿日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと

・「アルコール」とは、お酒の成分や種類を総称したものを言います。
・「リキュール」とは、お酒に薬草や薬草エキスを入れたものを言います。

【スポンサードリンク】

アルコールの意味と使い方

「アルコール」は、エチルアルコールというアルコールが含まれた飲み物の総称で、「お酒」と丁寧に呼ばれることもあります。

「酒類」や「アルコール飲料」のことで、ノンアルコール飲料のことを「ソフトドリンク」というのに対し「ハードドリンク」と呼ばれることもあります。

アルコールは原材料から発酵によりエチルアルコールを生成することは共通していますが、製造方法や原材料などは多種多様で多くの種類があります。

ストレス解消やコミュニケーションの円滑化、疲労回復などの効果があげられる反面、アルコール依存やがんのリスクが増加するなどの健康面への影響も大きく、政府の税収確保のため酒の製造や流通は多くの国で法律で規制されています。

【スポンサードリンク】

リキュールの意味と使い方

「リキュール」は 、蒸留酒に果物や薬草などの香味を加え、砂糖やシロップを加えた混成酒のことを言います。

混成酒にはビールやワインなど醸造酒をベースにしたものと、蒸留酒をベースにしたものがあり、リキュールは蒸留酒をベールに製造していることを前提としたものを言います。

ラテン語の「リケファケレ」や液体という意味の「リクオル」がリキュールの語源となっています。
また、リキュールという名前が定着するまでは「エクリシル」と呼ばれており、エクリシルは薬として使われていたとの説があります。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-食べ物・飲み物
-, , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.